2011年06月29日

空は晴れても

画像
心が折れてしまっている人に向かって、「がんばれ」とか「元気だせよ」とか「大きなお世話」だと思う。そーゆう人は大抵の場合、矢尽き刀折れボロ雑巾になるまで戦ったあげく、出せるもんは1ccも残ってない状態だからそーなってると思うんだが、いやたとえそーじゃなくても、他人のこころのことは自分にはわからないし、上から目線(だと思う)でそんな無神経な言葉をかけることは自分にはできないし、されたくもない。

気の毒だとは思うが、私は無能力者だ。手をさしのべることもできないのに、無責任な言葉だけ投げかけて済ますわけにはいかない。この3ヶ月、TVを観ていて本当にうんざりした。観なけりゃいいんだが。


たまたま先日、もう亡くなってしまったが日本のジャズ・フュージョン界の草分け的な存在だったキーボード奏者、深町純さんの映像を観ていた。それはイラク戦争だかの被災児のためのチャリティーライブの演奏だったのだが、演奏を始める前に、ふとこんなことを語り出した。


「実は、僕は音楽には人を救う力があるとは一度も思ったことはありません」

「もし音楽にそんな力があるなら、世の中に救いを求めてる人は、とっくに誰ひとりいなくなってるはず」

「それなのに、歴史の中で人はずっと救いを求め続けてます。ですから、ずっと音楽にも自分にもそんな力はないし、救済目的での演奏は極力避けていましたが、困っている人を助けたいという気持ちや、こういう場(チャリティー)があることは大変いいことだとも思っています。そんな考えの僕の音楽でよければ聴いてください」


みたいなことを言ってから、ひとりで即興でピアノを弾き始めたのだが、その演奏には氏の深い音楽への愛情が感じられた。


なんとなくその言葉に共感させられるものがあった。なんか薄っぺらくない気がする。音楽で人を救うことはできない。面白いツールであることは間違いないと思うんだが。一昨日もマグロを解体しながらの傍らでギターを好き勝手に弾きながらそう思った。待てよ。ってことは、自分の人生もやっぱり音楽やギターに救われているのだろうか?

どっちでも別にいいが、そんなことよりニウクリアカルテット関連のニュースももはや報道すらもされなくなってしまいたいへん不気味。しかし、仮になにか起こってたとしても、手をこまねいて見守るしかない私は、やはりどうしようもなく無能力者だ。
posted by 石井chan at 01:19| Comment(1) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月24日

追記

なんかどーにもまだスマートフォンに慣れなくて、文章がなぜかダブルになってしまいます。すいません。
posted by 石井chan at 17:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

黄金色に輝くもの

画像
浅草方面の一角に、奇妙な金色の巨大なオブジェをのっけたビルがある。


某ビール会社のものらしいが、いったいなんであの形なのか。ごくごく控えめに言って、いやどう見てもアレはまずいんじゃないか?だってみんなごく普通に「うんこビル」て呼んでんじゃん。そもそも、なんで屋上にウンコを乗っけようと思ったのか?

発案した人、及びOKを出した人、両人ともに会ってみたい。


会社のエラい人「なんかさー、せっかくだから目立つよーなピカピカッとしたもん乗っけたいんだよねー。こうオブジェってゆーの?インパクトのあるさー」


クリエーター「それでしたら、ちょっと何人かのアーティストに当たって、ラフなアイディアを練ってみますよ」


で、プレゼン当日。だいたいこうゆー業界では、場を盛り上げるだけで笑って終わり、みたいな捨てネタをつかみにして本題に入るものだ。「冗談はさておきまして」というやつだ。


で、捨てネタとしてデザイナーがてきとーに描いたそれを最初に見せる。場内爆笑。次に本命のデザインを出す布石としての「つかみ」はOKだ。ところが社長。


「それアリだね。いいね。決まり!」


宣伝部長もデザイナーもクリエーターも、みんな慌てたことだろう。なんにせよウンコだし。反対意見もあるだろうが。しかし相手は社長。


あのビルをみる度に、そんなことをいつも想像する。そしてやっぱり巨大なウンコにしか見えないと思う。


こないだなんか、上からロープを掛けて、ビルの窓を拭くみたいにゴンドラに乗ってオブジェを磨いてる人がいた。人の小ささで、オブジェがどれぐらい巨大なものかわかった。ハンパなく大きかった。


私はそれを見て「ウンコなのに磨くんだ」と、ぼんやり考えた。
posted by 石井chan at 17:51| Comment(4) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。